top_災害時の運用

  • 総本山智積院HOME

宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局の設置について

 平成35年にむかえる宗祖弘法大師ご誕生1250年に際し、その鴻恩に報いるため、平成26年度に総本山智積院内に宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局が設置されました。
 本宗の総意を結集し慶讃法会及び記念事業を行うにあたり、現在奉修委員会を中心に検討がなされております。その内容につきましては随時お知らせしていきたいと思います。
宗教法人「真言宗智山派」宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局

top_お大師さまのことば

お大師さまの言葉

 過去にまいた種が今、花開く  すべては因と縁とでつながっている
         
「道うこと莫れ、此の華今年発くと。応に知るべし。往歳種因を下すを」 拾遺雑集

<解説>
 花は自分の力だけで咲いたのでは無いのです。種をまいたのは、自分かもしれないし遠い昔にご先祖様がまいた種の子孫かもしれない。物事も、心の働きもすべて因と縁とで、果(結果)が生じます。花が咲くのは、種がまかれるという「因」と、日光や水分を得て成長する「縁」、それによって生じ実った花「果」が開くのです。良い結果も、悪い結果も毎日の行いから生じます。すべて因と縁とで、つながっています。

総本山智積院について

弘法大師

高野山から根来山に、そして智積院へと脈々と伝えられる弘法大師の教え。智積院(ちしゃくいん)は全国三千の末寺を擁する真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)の総本山であり、檀信徒の皆さまの総菩提所(そうぼだいじょ)、総祈願所(そうきがんじょ)です。

お知らせ

生きる力~SHINGON~

無料サンプル(PDF)を見る

智山派のこと、仏教の教えをわかりやすく。
年4回発行の檀信徒の皆様のための情報誌です。

最新号
86号 秋彼岸号(平成28年9月1日)
特集
仏さまと出会う儀式 結縁灌頂で曼荼羅世界に足を踏み入れる
寺院探訪
應珠山長久寺

今月の法語

融通無礙

ゆうずうむげ

h_kaisetsu2.png

わたしとあなた。あなたとわたし。みんな違っているようで、みんな同じ、いのちといのち。認め合い、許し合い、互いの心と心を融け合わせれば、平和な世界は無限に広がっていく。

仏教を学ぶ・体験する

  • 写仏・写経
  • 阿字観
  • 御詠歌
  • 十善戒
  • 公開講座