top_災害時の運用

  • 総本山智積院HOME

宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局の設置について

 平成35年にむかえる宗祖弘法大師ご誕生1250年に際し、その鴻恩に報いるため、平成26年度に総本山智積院内に宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局が設置されました。
 本宗の総意を結集し慶讃法会及び記念事業を行うにあたり、現在奉修委員会を中心に検討がなされております。その内容につきましては随時お知らせしていきたいと思います。
宗教法人「真言宗智山派」宗祖弘法大師ご誕生千二百五十年奉修局

top_お大師さまのことば

お大師さまの言葉

 平人は迷うもの 迷って、迷って、迷った先で自分らしい道を見つけよう
           「迷悟我にあれば、発心すればすなわち到る。」 般若心経秘鍵

<解説>
 人は誰もが迷います。その迷いや苦しみは決して悪いものではありません。迷いの中にいる時はとにかく迷ってその先で、「新しい道」や「目標」を見つければ良いのです。仏教で言う発心とは仏の道を拓くことですが、一般社会では「志を立てる」と言うことです。迷いの先では、自分で決めた目標を見つけそれに向かって歩み、乗り越えて行く強さを身につける事ではないでしょうか。

総本山智積院について

弘法大師

高野山から根来山に、そして智積院へと脈々と伝えられる弘法大師の教え。智積院(ちしゃくいん)は全国三千の末寺を擁する真言宗智山派(しんごんしゅうちさんは)の総本山であり、檀信徒の皆さまの総菩提所(そうぼだいじょ)、総祈願所(そうきがんじょ)です。

お知らせ

生きる力~SHINGON~

無料サンプル(PDF)を見る

智山派のこと、仏教の教えをわかりやすく。
年4回発行の檀信徒の皆様のための情報誌です。

最新号
85号 盂蘭盆号(平成28年6月1日)
特集
光明真言の功徳
寺院探訪
瀧谷不動明王寺

今月の法語

六根清浄

ろっこんしょうじょう

h_kaisetsu2.png

私たちは、六根<眼(視覚)、耳(聴覚)、鼻(嗅覚)、舌(味覚)、身(触覚)、意(意識)> によって物事をとらえている。でも、六根は知らず知らずに汚れていく。ありのままに物事をみつめるためには、心と身体を清めることを忘れないように。

仏教を学ぶ・体験する

  • 写仏・写経
  • 阿字観
  • 御詠歌
  • 十善戒
  • 公開講座