総本山智積院 別院真福寺(東京都港区愛宕)

TEL:03-3431-1081  FAX:03-3431-0203

真福寺は真言宗智山派総本山智積院の別院です。
真言宗智山派の宗務出張所が置かれているお寺です。
東京の港区愛宕に位置し、昔より愛宕のお薬師さんとして親しまれています。
御府内八十八ケ所霊場第67番札所となっております。

別院真福寺

院真福寺の行事

心のやすらぎスポットとして様々な行事を開催しております。
どなたでもご自由に参加できますので、気軽におこし下さい。

別院真福寺 前月 2016年12月 翌月 別院真福寺
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23天皇誕生日
24
25
26
27
28
29
30
31
1元日
   
愛宕薬師ご縁日

毎月8日 正午より
※8日が土日祝日の場合は
第1金曜日

縁日護摩祈願受け付けております。詳しくは真福寺まで

江戸の頃より愛宕薬師として親しまれる、真福寺ご本尊・薬師如来さまのご縁日に大護摩供法要をおこなっております。
どなたでも参加できますので、ぜひお越し下さい。
愛宕薬師ご縁日
愛宕薬師ご縁日写経会

毎月8日 14:00~
※8日が土日祝日の場合は第1金曜日
納経料:1,000円

申込み不要

初めての方は、13:30頃に1階寺務所へお越しください。

ご縁日にあわせて本堂にて般若心経の写経会を開催しております。
写経用具はすべて用意してあります。
また初めて写経を体験する方には写経の流れをお教えいたします。
愛宕薬師ご縁日写経会
真福寺阿字観会

開催日はカレンダーをご確認下さい。
15:00~
参加料:無料

19:00から「夜の部」も開催致します。お仕事帰りに阿字観を体験してみませんか。
※会場の都合上、定員がございます。当日受付でのお申込みも可能ですが、事前のお申込みで定員に達した場合はお断りすることがございます。

真福寺では定期的に阿字観会を開催しております。
阿字観は仏さまの清らかな心を自分自身の中にイメージする、真言密教の瞑想法です。
真福寺本堂にて僧侶指導のもと、阿字観を体験できます。
真福寺阿字観会
お申込みは智山教化センターまで
        TEL:03-3431-5218
        FAX:03-3431-5219
愛宕薬師フォーラム

開催日はカレンダーをご確認下さい。
14:00~16:30
参加料:無料

愛宕薬師フォーラムでは毎回多彩なゲストを迎え、仏教のみならず歴史や文化など様々なテーマで講演頂いております。
入場無料、どなたでもご参加いただけます。
お申込みは智山教化センターまで
        TEL:03-3431-5218
        FAX:03-3431-5219
やすらぎ寄席

噺家はカレンダーをご参照ください。
毎月第3木曜日 18:30より
参加費(木戸銭):1,500円

申込み不要

毎月1回本堂にて有名噺家の落語を聞く”やすらぎ寄席”を開催しております。
仕事帰りに江戸の粋を味わってはいかがですか。
最後に抽選会を行っています。景品は毎回違います。
みなさまのご参加お待ちしております。
やすらぎ寄席
茶道教室

稽古日:毎月第2~第4の金曜日
12:00~16:30
(お昼休みの30分だけでもご参加頂けます)

会費(月謝):5,000円(月3回)
水屋料:2,000円

お茶の頂き方、客としての作法、そして、もてなし方を楽しくご指導いただきます。
住職・寺庭婦人・寺族に限らず、一般の方もご参加いただけますので、ぜひお越し下さい。
<講 師>
裏千家準教授
木次谷宗富(きじや・そうふ)先生
茶道教室
お問い合わせは真福寺まで

院真福寺の縁起

中興照海上人(しょうかいしょうにん)が、慶長10年(1605年)徳川家康より愛宕下に1360坪の土地を賜り、開創されました。

元禄年間(1688年~1704年)になると江戸でも弘法大師四国八十八ヵ所札所詣りの信仰が盛んになり、宝暦年間(1751年~1764年)には御府内にも八十八カ所霊場が定められ、真福寺は第67番札所となります。

お寺のご本尊さまは「薬師如来」、正しくは「薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい)」といい、そのお姿は、右手で人々に安らぎと勇気を、左手に持つ薬壷で人々の病気の苦しみを除く誓願を示しています。
江戸時代は「愛宕のお薬師さん」と親しまれ、縁日(毎月8日)には門前市を成す賑わいで、広く庶民の信仰を集めてきました。

  • 江戸時代の真福寺
    江戸名所図会より
  • 現在の真福寺
    現在の真福寺


長い歴史の中で、度重なる火災や震災などにより初期の堂宇は焼失しました。

大正から昭和にかけて再建された本堂や庫裡も老朽化が進み、平成7年4月に近代的な『真福寺・愛宕東洋ビル』として再生され、現在、宗団の東日本における拠点として活動しております。

近代的なビルに生れ変わった真福寺は、「都心のやすらぎスポット」として、地域の人々をはじめ、オフィス街で、働く人々に、お参りや施設利用をおすすめしています。

ご本尊・薬師如来は、愛宕薬師として親しまれ、私たちの心と身体の病をいやしてくれる、ご利益いっぱいの仏さまです。毎月8日のご縁日(8日が土・日曜日、祝日の場合は第1金曜日)には密教護摩を厳修し、「身体健全」「当病平癒」等のご祈祷を行っています。