B-8 仏教基礎講座

2019/02/20

平成31年度 一般対象講座

講座 B-8

仏教基礎講座

 本講座では、仏教で使われる基本的な「用語」に光をあてて解説していきます。日常会話の中で登場する仏教用語などにも触れながら、仏教の基本的な考え方について参加者の皆さんと一緒に学んでいきたいと思っています。たくさんのお越しをお待ちしております。

講 師 山本 隆信 教授・田村 宗英 講師・小宮 俊海 研究員・安井 光洋 研究員・鈴木 晋雄 研究員
日 程 全9回  13:30 ~ 15:30 木曜日開催
注意事項 ※単位認定講座
回 数 月 日 概 要
第1回
田村講師
5月30日 講座の趣旨説明(イントロダクション)・お釈迦さまについて
仏教について学ぶ準備段階として、はじめにお釈迦さまの生涯をたどっていきます。
第2回
(外部)
熊谷孝司氏  
 
6月27日 仏教の周辺~インドという視野~
仏教といえば、漢字で書かれたお経をイメージしますか?初詣ですか?仏教は、インド亜大陸で生まれ、育まれました。仏教からスタートし、インドをキーワードに、仏教の周辺を見ていきたいと思います。
第3回
山本教授
7月25日 仏教の分類について
ひと口に「仏教」といっても、国や地域・考え方などによって様々な種類に分けられています。まず仏教の分類にはどのようなものがあるのかについて学んでいきます。
第4回
安井研究員
9月26日 仏教の世界観と三科(五蘊・十二処・十八界)について
仏教で使われる言葉を理解するためには、仏教的なものの見方に慣れていくことが大切です。私たちが生きている世界を仏教ではどのようにとらえているのかについて学んでいきます。
第5回
鈴木研究員
10月31日 三宝(仏・法・僧)について
「三宝」は、聖徳太子が定めたという十七条の憲法にも登場する言葉として有名です。また、三宝に帰依するものが仏教徒たる所以だとされます。三宝には、それぞれどのような意味があるのかを学んでいきます。
第6回
小宮講師
11月28日 四諦説と八正道について
お釈迦様が最初に説いた教えは「四聖諦(苦・集・滅・道)」だといわれます。四聖諦のうちの道諦は、さとりへ至る修行方法を指しますが、これを八つに分けたものが「八正道」です。四聖諦と八正道について、日常生活にあてはめながらそれぞれの意味を学んでいきます。
第7回
安井研究員
1月30日 縁起説について
「縁起」は、仏教の教えの根本だといわれます。しかし、普段の会話で出てくる「縁起がいい」という言葉は仏教本来の意味と同じなのでしょうか。日常会話での使われ方にも触れながら、縁起について学んでいきます。
第8回
田村講師
2月27日 煩悩について
「煩悩」は、耳にする機会が多い仏教用語のひとつだろうと思います。私たちの身心を悩ます煩悩について、代表的なものを取り上げながら学んでいきます。
第9回
小宮講師
3月26日 修行について・全体のまとめ
「修行」は、僧侶だけではなく一般の方々も取り組めるものです。仏教の教えを実践する「修行」について学んでいきます。

申込フォーム