行事・イベント

常楽会(じょうらくえ)

02月15日
金堂の正面に大きな涅槃図(ねはんず)が掛けられます。

金堂の正面に大きな涅槃図(ねはんず)が掛けられます。

常楽会とは、仏教の祖であるお釈迦さまが入滅された2月15日にその徳を偲び、感謝を捧げるために行う法要です。一般的には「涅槃会(ねはんえ)」といいます。

涅槃(ねはん)とは、お釈迦さまの入滅(にゅうめつ)と、お釈迦さまが完全な悟りを得たことを指します。私たちの宗派ではこの涅槃会を、煩悩を滅し涅槃を得たお釈迦さまの徳性を表す四徳「常・楽・我・浄」から、その前の二字「常楽」をとって「常楽会」と呼んでいます。

「常」とは永遠に変わらぬこと
「楽」とは苦悩がなく安らかなこと
「我」とはなにものにも縛られず自由自在であること
「浄」とは一切の汚(よごれ)を離れていること
を示しています。

常楽会(涅槃会)では、涅槃図を掛けます。涅槃図とは、お釈迦さまの入滅されたお姿と、それを嘆き悲しむ多くの弟子や信者、動物たちの姿が描かれた図であります。
そして『涅槃経』や『佛遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)』などお釈迦さまの入滅時の様子や、最後の教えを説いたお経を読誦します。

総本山智積院では、2月14日の夜にお釈迦さまの遺言を基にした『佛遺教経』を読誦してお逮夜(たいや)法要を厳修(ごんしゅう)し、15日の当日は『常楽会発則(ほっそく)』という特別な法式による法要を行っています。

一般の方も参加できますので、お気軽に来山ください。
ご一緒にお釈迦さまに思いをはせましょう。
法要開始前に直接金堂までお越しください。

平成29年9月17日更新