過去の法語

永劫

えいごう

「劫(こう)」は古来インドの時間の単位を表します。経典には、広大な城に芥子粒(けしつぶ)を満たし、百年に一度一粒ずつ取り除き、すべての芥子粒を取り除いたとしても劫は終わらないとあります。七五三では、手を合わせて子供たちの健やかな成長と幸せが未来永劫続くことを願います。