2011年04月28日東日本大震災殉難者慰霊土砂加持付法要

     平成23428日、阿部龍文化主猊下御導師のもと、総本山智着院役職員の出仕により、東日本大震災殉難者慰霊土砂加持付法要が勤修されました。この法要で加持された「光明真言加持土砂」は、“散ずればその効力によって光明を得て、どのような亡者であっても極楽浄土に往き蓮華の上に化生し、菩提を成ずる”といわれております。

     法要後、小袋に分けて岩手県・宮城県・福島県沿岸部の各寺院に届けられ、被災された地域に散じられました。